FOLLOW US

BLOG

阪神タイガース!

今晩は、ササッと仕事を切り上げ、
事務所で毎年恒例となってオリマス真夏の甲子園球場へ!!! 😮


トーゼンではありますが、今回の目的も、我らが阪神タイガースの勝利を見届け、
「六甲おろし」を歌って帰ることにアリマス!! 

とは書きたいところですが、対戦カードを選ぶとき、
「ベイスターズにしといて~。 」と言ってしまうくらい、(横浜ファンの方、ゴメンナサイ…。 )
今年の阪神は、絶不調ですねぇ~。 🙁

今回の試合も、御多分に洩れず、絶不調でした 😡

特にピッチャーが…。横浜の出塁のほとんどがフォアボールだったような…。

7回のジェット風船飛ばしは楽しかったのですが…。

応援むなしく、この風船達のように夜空に散りマシタ…。。 😐

次回に期待っ!!

矢野

花火

和歌山市の「港まつり花火大会」に…。
花火好きなので、毎年会場まで足を運びます。

今年は60周年記念大会だったらしく、花火たちが、例年より盛大に夜空を彩っていました。


花火…。

いつも感じるのは、人が本当に感動した時の拍手と歓声…。
思わず、ワァー!!と叫んでしまう…。
手が痛くなるくらい、拍手してしまう…。
これほどに人を感動させるチカラをもっている花火。
理屈ぬきで素晴らしいと思う…。
前からずっとやってみたいと思っているコトがあります…。

花火から観衆を撮影するコト。

きっと何十万の人々の満面の笑みが見れるのでは…?

 

矢野

まちの部屋

先日、友人の建築家と泉北ニュータウンの
「まちの部屋」プロジェクトを見学に…。

このプロジェクトは、昨今社会問題化しつつある府営住宅の空き家を
コンバージョンし、地域で共用する「まちの部屋」として、 高齢者の
デイユース、ショートステイ、ゲストハウスなどに活用する試みだそうです…。


団地の中で、空き家の数住戸を改修。
大阪市立大学研究室が中心となり、改修設計を行ったようです。
 
住戸type1-合板吊り天井(左写真中央CH1.8m)が、空間の中にリズムと奥行を生んでいた。
 
住戸type2-斜めに振られた共用部の間仕切と木ルーバーが特徴的…。


住戸type3-グリーンのななめ壁とトップライトを思わせる間接照明が効果的…。

どの住戸も、個室に比べ住まい手の集まる共用部(リビング)に対して
より提案的である点に共感がもてました。 🙂

この空き家改修の取組みは、泉北ほっとけないネットワークプロジェクトの一環です。
ここでは、割愛しますが、このプロジェクトも、今後の高齢化社会を見据えた上で、
非常に有意義な試みです。 😮

古いモノに手を入れながら、その本質を見失わず、時代に応じた使い方へと
アレンジすること…。

建モノにも システムや制度にも求められる考え方だと思います…。

 

矢野

市場谷

ビオトープでエコミュニケーション【vol.2】

今日は、前回のビオトープでエコミュニケーション【vol.1】のつづきから、お話します。 😮

睡蓮の花咲く犬飼池へと到着した一行は、良質の水生植物を探します。

 
アシを引っこ抜いていますが、 地中深く根を下ろしており、思った程簡単には抜けません。 😥

片足を水辺にツッコミながら、周囲の土ごと、アシをゲット! 😀

より状態の良いガマを採取するため、ぬかるむ足場をモノともせず、
果敢に奥地へと分け入っていく、ビオトープ委員会の勇者タチ。。
 
苦労の甲斐あって、良質なガマをゲット!! 😀

 
水生植物だけでなく、その地の土も採取。水を含んで、メチャ重ッス!

鉢と腐葉土を購入するためホームセンターへ立ち寄った後、マンションへと戻り、
ようやく水盤への移植作業へ…。

皆で協力しながらの植えつけ作業です。
 
水盤の深さも丁度よく、植えつけ作業も無事終了!

作業完了時のビオトープ…。
はじめの水盤に比べると、少しそれらしくなりましたが、まだ、少し疎らで寂しい状態…。 🙁
しかし、はじめに植えすぎると、バランスが崩れるとのコト…。
これら水生植物は、周辺環境とバランスを保ちながら、徐々に繁殖していくのだそうです。 😀

ビオトープでエコミュニケーション… 。

実際に同行してみて、思った以上に気力と体力が必要だ…。と感じました。
正直疲れましたが、すごく、気持ちの良い疲れ…。 😛
良いことをした感じがして、気分もとてもいいのです。 😮

途中、皆さんからお話を伺ったりして、学んだコトは、

ビオトープは、その周辺の自然を映し出す鏡のようなモノだというコト…。

このマンションが建つ地区は、昔の里山を切り開いて整備された新興住宅地なのですが、
ビオトープ委員会の皆さんの活動で、少しでも当時の生態系が映し出される池になっていけば、
それは本当に素晴らしいことだと思います。 🙂

建築(開発)と自然は、対立する部分も多いですが、、
自然を破壊し、人の住処をつくるとき、他の生物達の住処に対しても
もう少し思いやれる
余裕が、私たちにも必要だなぁ。
と改めて実感した今日、この頃でした…。

このビオトープの行く末も、引き続きレポートしたいと思います…。 皆様、乞うご期待 😉

PAGETOP