FOLLOW US

BLOG

あかり。

光を描くということは、影を描くこと…。改めてそう感じた…。

市場谷

街中保育園の建替問題。

「堺の保育園」の現場から…。

続きを読む

Visual Effects

先日、メビック扇町のビジネスフォーラム
「ハリウッドのVisual Effectsクリエイターが語る3D映画製作の現場から」に参加。

ハリウッド超大作でVFXに携わった経験をお持ちのVisual Effects Artist
疋田恵美子氏(Pixomondo社)の講演を拝聴してきました 🙂

私自身、大の映画好きというコトもあり、メイキングのコトなど、大変興味深いお話でしたが、
なかでも、特にハリウッドスケールを感じたのは、
アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」

(C)Paramount Pictures 2011

この作品のVFXを担当したPixomondo社は、アメリカ、英国、中国、タイ、ドイツの5カ国にオフィスを構えており、各国のオフィスが連携しながら24時間体制で、しかも約400人のアーティストが1,000台のコンピューターを用いて1年がかりで完成させたとのコト…。

どんだけ密度の高い仕事しますねんっ!!!!

その動画をみつけたので、よかったら、その仕事をご覧ください。(少しデータが重いのですが…。)

あとで、調べたところによると、この動画の最初の駅へと下りていくシーンのVFXだけでも、
コンピューター処理するのに17万1,015時間必要だったとのこと…。

私も、自身の建築イメージCGなどは、3dsMaxでつくるのですが、やはり映像のプロフェッショナルになると、全く次元が違うなぁ…! 😯 (そんなの当たり前ぇ~!!!) と素直に感激…。

他にも、日本とハリウッドにおける映像産業の構造的な違いや、今後どのようなカタチで
コラボレーションしていけるかなど、真摯に語っておられた姿が印象的でした…。

業界こそ違いますが、1人のつくり手として、心に響く講演でした 🙂

矢野

事務所の窓から…。

大阪事務所の社窓(車窓?)から…。

 

市場谷

うろこの家

神戸、大好きなんで…。。

市場谷

PAGETOP