FOLLOW US

外観<br />
・黒の杉板塀とシルバーの金属屋根が強調されたシンプルな外観。・木々に囲まれた場、物見台のような場、屋根裏のような場、そよ風が心地よい場、空を間近に感じる場、薄暗がりの場。<br />
趣は一つながらも、多様な雰囲気の場を持つ住まい。読書一つとっても、そのときの気分にあわせて好きな場所を選べる空間構成に…・葉っぱのような大屋根は、単なる飾りではなく、立派な構造体。 この大屋根が風や地震力をバランスよく下部構造へと分散。 それによって通常必要となる梁や束などの小屋組材を無くし、1階、2階、その先のロフトへと続く開放的空間を実現。 力の流れを素直に表す構造体、それを魅せることがデザイン。LDK<br />
・2階個室に設えた室内窓は開閉可能。 閉じるとトップライトの反射板に。庭に張り出した和室のコーナーウィンドウ<br />
縁側<br />
四季の風情に彩られた庭に張り出たリビングと、それを囲む縁。隣近所も集まる、住まいの中心的な場。大屋根の天窓から射し込む日の光のシークエンスは、杉板壁に影を落とし、漆喰の大屋根を照らし、住まいに命を吹き込む。<br />
自然光、それは住まい手にとって必要不可欠なモノ、そして建築に躍動感を与える最高の素材。LDK(4連大型引込戸を閉鎖時)<br />
・2.2mの壁が、通行量の多い道路からプライバシーを確保。4連大型引込戸の上部には入れ子状の引違窓を設え、戸を閉めたままでも換気が可能。LDK(4連大型引込戸を開放時)<br />
・縁に面した4連の木製掃出窓は高さ2.4mで2面とも完全引込み可能。小春日和の日、全開すればリビングが庭に溶け込むような錯覚を覚える。まるで庭の中で暮らしているような開放感。縁・庭(4連大型引込戸を開放時)<br />
・室内、庭、敷地外から借景した林の風景が1つに…。縁・庭<br />
・緑に囲まれながら、書き物やお茶できる縁側。2階個室<br />
・1階-2階-ロフトまで大屋根と空間が連続。 耐震壁以外の壁がないワンルームを基本とし、音が気になる、空調したい、一人になりたい時、引戸で個室化できる住宅に…造付机の下で、再び命を吹き込まれた金襖。 骨董屋巡りがご趣味のご主人が、この時のため、長年かけて収集されてきた子供のような一品。<br />
新しいモノの中に、古いモノを織りまぜることで、歴史や記憶、そして思い出が紡がれていく。庭を愛でる…。その情感も見る場所、見る角度によって様々。縁に座り、草花の花弁を見つめる。1階から視界一杯、庭を見渡す。<br />
そしてこのように、2階から庭全体を眺める。庭の見え方についてスタディーし、空間構成に反映。2階個室  <br />
・3層目のロフトを望む。 ロフトには梯子で。3層目のロフト<br />
・大屋根の最後部に位置するロフト。奥は換気用の開閉窓で、窓に面してテーブルを設置。 隠れ家的スペースとしての活用も。和室<br />
・光と影を主題とした和室。右奥のコーナー障子を開ければ、庭の風景が掛軸に 。・水盤に見立て、ピアノ塗装を施した床台。 障子を通してほのかに照らされた茶器が、床に映りこむ。バスルーム<br />
・緑に囲まれ、陽光が射し込むバスルームは、大型窓を開け放って露天風呂に。 湯冷ましにテラスで寛ぐことも。 玄関土間<br />
・外部壁、ガラス窓、照明のバランスを整え、内外の関係性が曖昧になった玄関。リビングから玄関を望む。緑と白玉石のコントラスト棟上げ時の餅まき。近隣の方が集い、一大イベントとなった。

大屋根の家

  • 外観
    ・黒の杉板塀とシルバーの金属屋根が強調されたシンプルな外観。

  • ・木々に囲まれた場、物見台のような場、屋根裏のような場、そよ風が心地よい場、空を間近に感じる場、薄暗がりの場。
    趣は一つながらも、多様な雰囲気の場を持つ住まい。読書一つとっても、そのときの気分にあわせて好きな場所を選べる空間構成に…

  • ・葉っぱのような大屋根は、単なる飾りではなく、立派な構造体。 この大屋根が風や地震力をバランスよく下部構造へと分散。 それによって通常必要となる梁や束などの小屋組材を無くし、1階、2階、その先のロフトへと続く開放的空間を実現。 力の流れを素直に表す構造体、それを魅せることがデザイン。

  • LDK
    ・2階個室に設えた室内窓は開閉可能。 閉じるとトップライトの反射板に。

  • 庭に張り出した和室のコーナーウィンドウ

  • 縁側
    四季の風情に彩られた庭に張り出たリビングと、それを囲む縁。隣近所も集まる、住まいの中心的な場。

  • 大屋根の天窓から射し込む日の光のシークエンスは、杉板壁に影を落とし、漆喰の大屋根を照らし、住まいに命を吹き込む。
    自然光、それは住まい手にとって必要不可欠なモノ、そして建築に躍動感を与える最高の素材。

  • LDK(4連大型引込戸を閉鎖時)
    ・2.2mの壁が、通行量の多い道路からプライバシーを確保。4連大型引込戸の上部には入れ子状の引違窓を設え、戸を閉めたままでも換気が可能。

  • LDK(4連大型引込戸を開放時)
    ・縁に面した4連の木製掃出窓は高さ2.4mで2面とも完全引込み可能。小春日和の日、全開すればリビングが庭に溶け込むような錯覚を覚える。まるで庭の中で暮らしているような開放感。

  • 縁・庭(4連大型引込戸を開放時)
    ・室内、庭、敷地外から借景した林の風景が1つに…。

  • 縁・庭
    ・緑に囲まれながら、書き物やお茶できる縁側。

  • 2階個室
    ・1階-2階-ロフトまで大屋根と空間が連続。 耐震壁以外の壁がないワンルームを基本とし、音が気になる、空調したい、一人になりたい時、引戸で個室化できる住宅に…

  • 造付机の下で、再び命を吹き込まれた金襖。 骨董屋巡りがご趣味のご主人が、この時のため、長年かけて収集されてきた子供のような一品。
    新しいモノの中に、古いモノを織りまぜることで、歴史や記憶、そして思い出が紡がれていく。

  • 庭を愛でる…。その情感も見る場所、見る角度によって様々。縁に座り、草花の花弁を見つめる。1階から視界一杯、庭を見渡す。
    そしてこのように、2階から庭全体を眺める。庭の見え方についてスタディーし、空間構成に反映。

  • 2階個室  
    ・3層目のロフトを望む。 ロフトには梯子で。

  • 3層目のロフト
    ・大屋根の最後部に位置するロフト。奥は換気用の開閉窓で、窓に面してテーブルを設置。 隠れ家的スペースとしての活用も。

  • 和室
    ・光と影を主題とした和室。右奥のコーナー障子を開ければ、庭の風景が掛軸に 。

  • ・水盤に見立て、ピアノ塗装を施した床台。 障子を通してほのかに照らされた茶器が、床に映りこむ。

  • バスルーム
    ・緑に囲まれ、陽光が射し込むバスルームは、大型窓を開け放って露天風呂に。 湯冷ましにテラスで寛ぐことも。 

  • 玄関土間
    ・外部壁、ガラス窓、照明のバランスを整え、内外の関係性が曖昧になった玄関。

  • リビングから玄関を望む。

  • 緑と白玉石のコントラスト

  • 棟上げ時の餅まき。近隣の方が集い、一大イベントとなった。

DATA

  • 所在地:大分県中津市
  • 用途:専用戸建住宅
  • 階数:2階+ロフト
  • 構造:木造軸組工法
  • 敷地面積:218.28㎡
  • 建築面積:111.68㎡
  • 延床面積:169.6㎡
  • 家族構成:夫婦+子供1人

WORK REPORT 完成までの日々をブログで紹介しています。

WORKS LIST

作品一覧

scroll

PAGETOP