FOLLOW US

BLOG

『株式会社spicato office 』 リノベーション開始。

皆様にご覧いただいている、こちらのwebsiteをつくっていただいた
大阪府熊取市のデザイン事務所、spicato(スピッカート)さんからのお声掛けで、同社の新オフィスリノベーション工事の設計監理を担当させていただくことになりました。
小垣内住宅
上写真の旧古民家をオフィスにリノベーション
今回の計画は、熊取市の小垣内(オガイトと読むそうです)にひっそりと佇んでいた、築50年以上の古民家をリノベーションし、オフィスとして再生するというモノ…。

古民家だけあって、同じ木造住宅でも、現在の工法とは大きく異なり、現場調査をしていても発見や驚きの連続。思わずテンションあがりますっ 😀
軸組モデル
現場調査をもとに作成した軸組モデル

現在は古民家の解体工事中。
解体工事1
解体工事2
解体工事3
古い建築物のリノベーション(再生)には大きく分けて2つの方法があります。
一つは、古い建築物を修繕、更新し、昔の雰囲気を残しながら延命する方法。
もう一つは、建築としての記憶をとどめつつ、『現代』を重ね、再生する方法。

 

嗜好や思想によって選択の分かれるところですが、
『温もり』と『クールさ』また、『アナログ』と『デジタル』の共存しているところがspicatoさんのデザインだと私は感じているので、後者をご提案し、施主の細尾さんも受け容れてくださいました。

 

一昔前の話になりますが、なかなか作品をつくらせて貰える機会に恵まれなかった
私達の事務所も人様にお見せできる作品がポツポツできてきて、いざっウェブサイトをつくろうという話になり、たくさんのWeb制作会社の中からspicatoさんに辿り着きました。

 

その頃、細尾さんは、まだ、お一人でしたが、私の強すぎる思いと、厳しい要求にも真摯に応えてくださり、この素晴らしいWebサイトが生まれました。お蔭で、普通なら出会うことがなかった方々とご縁をいただき、現在に至っています。

 

その何分の一にもなりませんが、今度は、少しでもこちらがお返しする番…。

頑張ります!

 

PAGETOP